10/5~ 週明けからのFX戦略

投稿者: | 2020年10月5日

トランプ大統領のコロナ感染は衝撃的なニュースでしたね。かつ、全くの想定外からのファンダ的要因となり、ポンド円のロングポジションを持っていた私は損切りを余儀なくされました。

その前日のブレグジット問題でのポンド円急降下の時もロングポジションを持っていて、これもまた損切りでした。

どちらも下落が止まってからのロングポジションエントリーで、損切りされた金額以上の利益が出たので結果としてはプラス収支でしたが、損切りが無ければ、1ヶ月分の給料以上の利益を得ていた事を考えると、安易なポンド円のロングエントリーが悔やまれます。

基本的にポンド円は上目線で見ていて、現に今も週またぎでロングポジションを保有しています。
ロットは小さいのと、現在若干の含み益があるので保有し続けるという選択肢もあるのですが、トランプ大統領の容体によっては為替の急落もあり得ます。
なので、月曜日の朝に一旦決済してノーポジで様子見しようと考えてます。

幸いにも、月曜日は私用で有給休暇を取っています。
用事があるから休んだわけで、ずっとチャートに張り付いている事はできませんが、たまに見ることはできます。
米ドル円はもちろんですが、ボラの大きいポンド円に着目して監視するつもりでいます。

で、来週の戦略ですが、基本的には常にノーポジでいることを心がけます。
急落、急騰があれば、動きが落ち着くまで待って、逆張りで攻めていこうと考えてます。

トランプ大統領やブレグジット関連で、いつ何が起こるかわからないので、チャートを見れない時はエントリーしないつもりです。
エントリー回数もかなり減る事が予想されるので、1回のエントリーのロットは大きめになると思います
為替の急騰、急落が来たら、2万円負けるか5万円勝つかくらいのロット、うーん、海外口座は5万通過~10万通過、国内口座は2万通過~5万通過くらいでしょうか?

基本的には、利を伸ばす事よりも、無駄なトレードをしない守りの1週間にしたいと考えています。

おそらく米株、日本株とも下がると予想しています。
多くの投資家、FXトレーダーも一旦手仕舞い、もしくはポジション整理してくるはず…です。
また、先週を動きを振り返ると、大きなチャートの変動は急落から始まっています。
なので、チャートに張り付ける状態でエントリーするとしても、基本はショートエントリーでいきます。
ヘタにロングエントリーして急落に巻き込まれての損切りは先週の2回でこりごりです(汗)

さて、もう日付は変わって月曜日が始まっていますが、波乱含みの1週間を予想しています。
ドカンと下げてくれて、なるべく下の価格帯でのポジションを持ちたいところですが、はたしてどんな1週間になるでしょうか?

カテゴリー: FX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です