クロス円 どこまで上がる?

投稿者: | 2020年8月5日

コロナ相場って、押し目買いを繰り返せば負けないの?
先週とかは、売り場を探してのショートエントリーでけっこう負けました。
今売りで入るのは逆目線なんでしょうか?
私はショーターなので、買いエントリーのポジションを持ってると落ち着かないんですね(笑)
チャートを見て、まず考えるのは「売り場」なんです。

私が監視してるクロス円は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円です。
最近弱いドル円は置いといて、ユーロ、ポンド、豪ドルはずっと右肩上がりです。
じゃぁ、どこまで上がるかな? と考えてみました。

まずはユーロ円。
ユーロ円 週足チャート
ユーロ円の週足チャートです。
現在は125.350円。
ユーロって、売ってれば勝てる通貨という弱いイメージを持ってます。ずっと下降トレンドが継続してましたからね。
でも、この週足チャート見ると、完全に下降トレンド終わってます

ラインを引いたのは、下から、127円、130円、132円です。
移動平均線を見ると、来週か再来週には、黄色の25MAと緑の75MAとのゴールデンクロスがありそうです。
また、紫の200MAの上抜けも確認できますね。
完全な上昇トレンドと言えるでしょう。

ということは、はるか上だと思っていた、130円もありそうです。あと450pipsほど。
ユーロはロング一択、押し目買いオンリーでいきます。

次はポンド円。
ポンド円 週足
ポンド円の週足チャートです。
140円は間近に見えます。抜けますよね、140円。

でも、ユーロ円の週足チャートと比べると、まだ下降トレンドの中に居ます。(平行チャネル引き忘れました)
紫の200MAにも届いてません。
まぁ、140円までは上がるとしても、144円は厳しいかもしれません。
そんなに今の相場が長続きするとは思えないですしね。
ポンド円はボラが大きいから、ロングエントリーするならユーロ円の方が安全そうです。

最後に豪ドル円。
豪ドル円 週足チャート
豪ドル円の週足チャートです。
ユーロ同様、下降トレンドは抜けてますが、今の価格、76.3円くらいに平行線が引けそうです
そこがレジスタンスとなり反発する可能性もありますが、今の勢いなら、何度か叩いた後に上抜けするでしょう。
一旦の上限は、200MAのある80円付近と考えてます。

まとめると、
ユーロ円は130円。
ポンド円は140円。
豪ドル円は80円。

なんですが、今は8月。
出来高が減って、基本的に円高になりやすい月なので、今のリスクオン相場(ドル、円が売られやすい相場)もお盆まで…と思ってます。

売り場探しはお盆明けからとなりそうです。
お盆前までは、ユーロ円の押し目買いで攻めていきます。

そうそう、オマケ情報ですが、
夜の11:30くらいからドル円除いたクロス円は上がります。
ロンドンフィックスの影響でしょうね。もう何日も同じ動きしてます。
今日も11:30過ぎから、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は上がりますよ。(たぶんね…汗。。。

では、また。

カテゴリー: FX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です