ピンポイントでド底ショート ヘタすぎだろ

投稿者: | 2020年8月3日

ショートエントリーしたEURUSD(ユーロドル)。
3時間持ってますが、まだプラ転しません。
ずっと含み損抱えてます。

実はこのEURUSDのショートエントリー、別な意味での神がかり的なエントリーでした。

これは1時間足チャートです。
ユーロドル 1時間足
ヒゲ先でエントリーしてますね。
そしてエントリー直後に上昇してます(泣)

まぁ、エントリー直後の反転は日常茶飯事なんですよ、ヘタですから…
で、このエントリーを5分足で見ると…
ユーロドル 5分足チャート
はぁっ…見るたびに悲しくなります。
ショートするなら戻り売りのタイミング待たなきゃダメですよね。FXの基本でしょ(笑)

さらに驚きなのが1分足。
ユーロドル 1分足
マジでド底でショートしてますよ…
1分足でのド底でショートってある意味すごくないですか?
だって、これがロングポジションなら神エントリーですよ。

って、ブログ書いてる間にも増え続ける含み損。
いい加減に上昇止まってくれないかな…
上がったり下がったりはしてますが、結局はじわじわ上がってます。
このポジは損切りになりそうです。

今回のド底ショートを反省して、エントリールールを追加することにしました。
そのルールとは、
①ロング(買い)エントリーの場合は陰線確定を待つ。
②ショート(売り)エントリーの場合は陽線確定を待つ。

この2つです。
このルールを守れば、間違っても「天井ロング」もしくは「ド底ショート」でのエントリーは無くなります。
数%は勝率が上がるはず…だと思います。

このルールを1時間足でやれば、かなり安全なトレードにはなるでしょうが、チャンスを逃してしまう可能性が高まります。
やっぱり、5分足か15分足を見てのルールとなるでしょうね。
そのあたりは、今後検証してから決めたいと思います。
とりあえず5分足ルールとして適用してみます。

カテゴリー: FX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です