来週のドル円為替予想

投稿者: | 2020年8月2日

来週のドル円の動きを予想してみます。
まぁ、為替の予想なんて上がるか下がるかの2択です。適当に予想しても正解する確率は50%。
私のようなFXを趣味でやってるような素人でも2回に1回は当たる、ってことをご理解の上、為替予想を楽しんで下さい。

まずは王道のドル円から。
私はドル円は上目線で見てます。
最終的には108円も超えると思っています。
ただ、そこに到達するまでに2通りの予想をしています。

まずは本命の予想です。
FX 為替予想1
1つめは、上図の通り。
①一旦105.500あたりまで下がって、そこでしばらくレンジ。
②106.000または75MAで反発
③日足のトレンドライン(106.200あたり)がレジスタンスで反発
④107.500あたりでレンジ
⑤上にブレイクして108.000を目指す

そして2つ目の予想は、
FX為替予想2
これは月曜日の朝から一気に上がるパターンです。
途中、75MA、もしくは日足のトレンドラインに絡みつくようにレンジ。
心理的節目の107.500あたりで再びレンジ。
で、最終的に上抜けして108.000到達。

という2つのシナリオを考えてます。

どちらのドル円為替予想も上目線なので、結局ゴールは同じです。
でも、気になっている事が2つ。

まずは、週末にロングエントリーして週またぎした人の利確(売り)。
やはり月曜の朝は一旦下落するのかな…と。
もう1つは、今ドル円は上で捕まって含み損を抱えてる人が多いんです。
特に106.500近辺。
そのあたりの人たちは、100pips以上の含み損に耐えたわけです。
だから、106.300あたりから、ヤレヤレの建値決済の売り抵抗が大きいとみています。

ちなみに、もし104.000を下抜けしたら、上記したように106円以上の価格でロングして含み損に耐えてる人が多いので、そのロスカットも巻き込んで、一気に102円台まで落ちる可能性も考えられます。

あっ、そうそう、ドル円を上って予想してるのは、私的にユーロドルの売り場を探してるっていうポジトーク的な要素も大きいです。

ドル円が上昇トレンド継続なら、ドル円ロングとユーロドルのショート(ユーロが弱ければ)で爆益♪ とか、都合の良いことを考えてます(汗)

最後に1つ。
米中関係とか、ワクチン関連とかのファンダメンタル的なことは一切考慮していないシナリオなので、最終的にはご自分の判断でエントリーして下さいね。
では、また…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です